お知らせ
TOP
お知らせが入ります。
研究 (Research)
知らせが入ります。
教育 (Lectures)
知らせが入ります。
プロジェクト (Projects)

研究室の歩み

研究論文等 (Papers)

連絡先 

研究室の歩み (History)京都市大学工学部

岩下研究室(居住環境工学)の始まり(1993〜1996年)

岩下研究室は、1993年に誕生しました。1993年から1996年までは、建材から放散される知覚空気汚染強度の測定をolf(オルフ)、decipol(デシポル)という単位を用いて計測する研究を行いました。これはデンマーク工科大学のFanger教授の研究室に留学していた頃からの継続研究でした。また、実際に居住されている住宅の換気量の測定を計測し、住まい方と室内環境・エネルギー消費との関係を調査する研究を始めました。

シックハウス、VOC、作業効率研究(1997〜2004年)

シックハウス問題を化学的な視点から捉える手法を学ぶため、ガスクロマトグラフ(GC/MS)装置を購入し、主に建材から放散されるVOCに関する研究を行いました。木材からの天然VOC(テルペン類)に関する研究を開始し、オゾンとの反応生成物について考察しました。学校において丁度シックスクール現象が問題視された時期であり、小学校における室内空気質調査も2000年に開始しました。一方、におい・知覚空気汚染、温熱環境が人間の作業効率に及ぼす影響に関する研究も1999年より行うようになりました。

学校環境、車室内環境、建築保健工学 (2005年〜)

2005年頃、東京の公立小学校において冷房化が進みつつあったため、冷房導入前後の温湿度、CO2濃度、欠席率の変化を調査しました。学校で生じる事故と気象要素との関係についても研究を行っています。また、自動車内の空気環境を、走行/停車状態で計測し、乗員の知覚を調査する研究を、自動車会社と共同で始めました。研究対象は、学校、オフィス、遊戯施設、自動車、電車など広がり、実際の居住環境に焦点を置いた建築保健工学という研究内容になっています。
特にヒューマンエラーと安全性がキーワードとなっています。