マンション管理士 香川事務所

マンション管理士 香川 事務所
★事務所・業務概要
★香川の主張
★報酬
★案内図
 
★マンション管理士とは
★マンション管理の専門家:マンション管理士
 
★メール問合せ
★ウエブ質問箱
 
●区分所有法の解説へ
●建築基準法の解説へ
●マンション管理士/管理業務主任者を目指す人へ
●マンションの建替えの円滑化等に関する法律(概要)
●瑕疵担保責任のまとめ
●不動産登記法(概要)
 
 ☆改正標準管理規約
  単棟型(WORD版)
 マンション管理士 関係 リンク
★財産相談は「一井FP事務所 」
★部屋探しなら「アーバンリンク」
★街づくりなら「藤田住環境計画」
★顧客管理なら「TKコンサルタント」
優良マンション管理士 

「マンション管理士 香川 事務所」へ ようこそ


信頼のおけるマンション管理士です。

◎マンション暮らしで疑問があれば、まず「マンション管理士 香川事務所」へ!

マンションの標準管理規約の改正について


 平成28年3月、国土交通省からマンションにおける管理ルールの標準モデルであるマンション標準管理規約(単棟型、団地型、複合用途型)の改正が発表されました。
 今回の改正の主な点は、
  1.管理組合の役員として、マンション管理士など外部の専門家の活用
  2.タワー・マンションの出現により、議決権割合の検討
  3.暴力団等の排除規定
  4.曖昧だった地域コミュニティの扱いの変更
  5.災害時の管理組合の対応
 です。

 このマンション標準管理規約の改正を機に、いまお住いのマンションの管理規約の改正をされては、いかがでしょうか?
 区分所有法及び標準管理規約の専門家、「マンション管理士 香川事務所」がお手伝いをいたしますので、ご連絡をお待ちしています。

 また、改正されたマンション標準管理規約の改正点を入れた、マンション標準管理規約のWORD版を作成いたしましたので、ご利用ください。


        

地震におけるマンション災害について


 このたびの、九州熊本・大分地域において地震の被害を受けた方々には、こころからお見舞いを申し上げます。

 今回の地震でも、マンションの1階部がつぶれたり、建物の傾きが発生しています。
 このような状況にマンションの居住者・管理組合としては、どう対応すればいいのか、お悩みのことと存じます。

 お悩みがあれば、一度、「マンション管理士 香川事務所」にお気軽に問い合わせください。
きっと、解決策がみつかりますよ。



        

横浜市都筑区のマンションで“傾き”が見つかり、建物を支える杭のデータが改ざんされていたことが明らかになった!


   もう、マンションにお住まいの方々だけでなく、一般の方々も各種ニュースでご存知だと思いますが、「三井不動産レジデンシャル」が販売し、その工事を「三井住友建設」が請け負った、横浜市都筑区にある全4棟、705戸のマンションの1棟で手すりの部分が、上下に最大で、およそ2センチずれているのが確認されました。

 原因は、杭の打ち込みを担当した、「三井住友建設」の二次下請けの「旭化成建材」が、工事の報告書に、別の棟のデータを流用する形で70本の杭のデータを改ざんし、傾きが見つかった建物を支える杭のうちの8本が、「支持層」と呼ばれる強固な地盤に十分に達していなかったためです。

 販売会社の「三井不動産レジデンシャル」では、杭打ちデータの改ざんがあった南棟、中央棟、西棟を含め、同じ敷地にある4棟のマンションすべてを建て替えることも視野に、協議を進めたいと提案しています。

建替えは大変だ!
 販売会社の「三井不動産レジデンシャル」では、団地を形成しています、4棟全部の建替えを提案していますが、団地全体の建替えとなるとこれには、実に時間がかかります。

法律上の問題がある!
  まず、「建物の区分所有等に関する法律(略称:区分所有法)では、団地内の建物の一括建替え決議には、
  要件として、
    @団地内の建物は全部区分所有建物であること(一部に戸建の住宅がある団地ではこの一括決議はできない)
    A敷地が団地内建物の区分所有者の共有であること。(各々の建物の敷地は、各々が共有し、通路だけが全体の共有では、該当しない。)
    B団地全体の規約(団地管理規約)で管理を定めてあること。
  をクリヤーした上で、

  @団地の集会で、各棟ごとに、区分所有者の2/3以上の者であって議決権の合計の2/3以上の議決権を有するものがその一括建替え決議に賛成した場合。
  A団地内建物の区分所有者及び議決権の各4/5以上の多数が一括決議に賛成すれば、
   団地内の建物の一括建替えが決議できます。

   逆に、どこかの棟で区分所有者及び議決権の各1/3を超える反対があると団地での一括建替え決議は不成立ということになります。

  という法律上の規定があります。(詳細は、「マンション管理士 香川事務所」が無料で提供しています、「超解説 区分所有法」の第70条をご覧ください。)

マンションの居住者の意見を纏めるには、時間がかかる!
 販売会社の「三井不動産レジデンシャル」では、簡単に全棟の建替えと言っていますが、建替えでは、法律上の問題だけでなく、多くの生活上での問題が発生しています。

 それは、マンションの居住者には、高齢者や収入の少ない人、また地元の学校に通学している家庭があるためです。
 現実の建替え問題で、高齢者や収入の少ない人は、建替えの費用負担ができないことが原因で建替えに反対し、また、今まで住んでいた場所から移動することになり、近所付き合いが変わる、面倒な引越がある、学校が変わると子供に影響がでるなどで、居住者の意見が纏まりません。

 今回の杭打ちデータの改ざん事件では、当然ながら販売会社の「三井不動産レジデンシャル」では、これらの費用を負担するといっていますが、引越に伴う精神的な慰謝料も請求の対象になります。(民法第709条参照)

管理組合は、専門家である「マンション管理士 香川事務所」に相談すべきです!
 今回の、横浜市都筑区のマンションの例に見ますように、降って湧いたような「杭打ちデータの改ざん」などに、残念ながら、法律を知らない管理組合では、対応が不可能です。

 このような事態に適切に対応できるのは、マンション管理の専門家である「マンション管理士 香川事務所」です。

 いざという時に備えて、「マンション管理士 香川事務所」と顧問契約を結ぶことをお勧めいたします。

     

 管理会社に任せすぎではありませんか!


   最近、「マンション管理士 香川事務所」あてに、管理会社に対する評判の問い合わせが多くなってきています。
 基本的に管理会社は、管理組合から管理業務を受けて利益をだしている企業です。営利を目的としている会社であることを忘れてはいけません。

 管理組合の立場にたった良き支援・助言を求めるなら、「マンション管理士 香川事務所」に、ぜひ、ご相談ください。

 総会において注意すること!


  総会に臨むにあたって特に注意することは、
 1.会計内容の詳細な精査
   会計報告においては、単に支出が少なかったことを喜んではいけません。
  特に、前年対比において、差が大きな項目の原因を追究して、次年度につなげてください。
 2.役員の選出
   本当に、役員のなり手がいなくて困っていると察します。
  この際、マンション管理の専門家である、マンション管理士を理事長にされては、いかがですか?
 3.管理規約の見直し
   分譲時の管理規約が適正ですか?
  また、規約を正しく理解できていますか?
  あなたのマンション生活に適した規約に改正しましょう!


建替えを真剣に検討しませんか。


     建物にも寿命があります。建替えは避けては通れない命題です。早めの対策を、「マンション管理士 香川事務所」と共にしませんか。

 マンション管理業者の従業員が 6億2千万円を使い込み!


  2011年11月2日の報道によりますと、マンションの管理会社の従業員が、委託先のマンション管理組合の管理費など、合計6億2千万円を使い込んで告訴されたとのことです。

 ★問題が起きてからの対応では、遅すぎます!
   すぐに、信頼のおける マンション管理士 香川事務所 にご相談ください。
 

   

  管理規約を勉強しませんか?
    
   管理会社への不満、分けのわからない管理規約。 面倒な法律問題。
 
マンションの生活で、おかしいと思ったら、一度

マンション管理士 香川 事務所

に、メールか電話でお問い合わせください。
すぐに、お答えします。

 国家資格:マンション管理士とは

◎マンションにおける生活と管理の専門家です。

◎建物の区分所有等に関する法律(略称:区分所有法)のエキスパートです。

◎管理会社に対する不満を解決します。

◎マンションの騒音・あふれる自転車・滞納問題を解決します。

◎管理組合の運営を解決します。
  国家資格:マンション管理士・管理業務主任者の 香川 は、
 
「目指せ! マンション管理士・管理業務主任者」のサイトの解説者であり運営者です。
 区分所有法の解説マンション管理士/管理業務主任者試験問題の解説建築基準法の解説等も行っています。

 「目指せ! マンション管理士・管理業務主任者」のサイトをご覧になった方は、その実力が実績に裏付けられたものだと充分にお分かりと思います。
 お気軽にご相談ください。
   
   疑問なことは、なんでも、聞いてください。

  問い合わせは、無料です。

   まずは、メール または 電話:03−3609−4982 ください。
   

最終更新:2016年 5月18日

*総合ページへ*映画・演劇評論へ*日記へ*楽しいゴルフへ*投稿者のページへ*写真集へ*目指せ!マンション管理士・管理業務主任者へ*「超解説 区分所有法」へ、*ヨーロッパ旅行記へ*ヨーロッパ 写真集へ*ヴェトナム、アンコール・ワット旅行記へ*スリランカとインド旅行記へ*「讃岐 広島へ帰る」へ 、*金町団地の建替闘争の記録へ ★「マンション管理士 香川事務所」へ