2008年 12月の映画・演劇 評論

   地球が静止する日

あらすじ: 近未来の地球。ニューヨークのセントラル・パークに突如巨大な光る玉が来襲し、科学者のヘレン(ジェニファー・コネリー)も対策チームの一員に選ばれる。その光る玉の中から降りてきた、優れた文明を持つ生物体:クラトゥ(キアヌ・リーヴス)は地球にとって有害な人類を滅亡させるためにやってきたのだ。彼ら宇宙人は昔から世界の各地に人間に変装して暮らし、命にあふれる地球を滅ぼさないように努力してきたが、ついに人類を滅亡させるより地球上の他の命を救う方法はないと決定がされてしまったのだ。人類の命が奪われていく。もう一度人類に反省の機会を与えてくれと願うヘレンの気持ちはクラトゥに通じるのか。。。

奢る人類への警鐘の主張と映像のできが結びつかない!
 原作は、1951年のSF作品とのことだ。
予告編では、球場の破壊のシーンはあるが、あまり内容がはっきりしないので、つい観てしまったが、観て分かった。

 内容が無いのだ。(まあ、予告編で内容が全部分かっては、だれも映画館には足を運ばないけど。)
それで、予告編としても、曖昧なできであったのが、納得できた。

 本当に、だめな作品は、あらすじを書くだけでもすごく時間がかかる。
書いていても、文のつながりがうまく表現できないので何度も書き直しをした。

 冒頭の宇宙からの物体は何かを想像させるまではいいのだけど、宇宙の生物体の本当の姿が分からないまま、いつの間にか人間に変化し、その内完全に人間となるのは、もっと丁寧に描かないとだめだ。

 キアヌ・リーヴスを尋問するのも、1人だけとは、いくら馬鹿な政府関係者でもあり得ないだろう。
マジック・ミラーで他の関係者も当然監視していないとおかしい。

 破壊する巨大ロボットの扱いも不自然さばかりだ。
簡単につかまってそれから破壊が始まるとは、もう半世紀も昔の脚本のままか。
ここらは、2008年のアイデアを取り入れないと、現代の観客は画面から離れていく。

 定番的な、母になつかない黒人の子供の描き方を含めて、ここまでしかリメイクできない、ハリウッドの映画製作のエネルギーが衰えていくのを感じる映画だった。

キアヌ・リーヴスなら;「イルマーレ」

   エリザベート (ミュージカル) 帝国劇場

あらすじ: 1890年代の終わり頃。ヨーロッパの名門;ハプスブルグ家からオーストリア王家へ嫁いだ、美貌の皇后エリザベート(朝海ひかる)がレマン湖のほとりで暗殺された。暗殺者はその場で逮捕されたが、動機も不明なまま独房で自殺した。この暗殺事件の背景には、死神トート(武田真治)がエリザベートに恋をしてきた、不可思議な過去が秘められていた。その始まりは、まだ、エリザベートが若い頃木から落ちて死ぬべきところを、トートは生かしてしまったのだ。それ以来、トートはづーっと、影からエリザベートを見守っていたのだ。それとは知らないエリザベートは、オーストリアの皇太子に嫁ぎ、不自由な宮廷生活、皇太后との確執や夫への不満などを抱き、変動していくヨーロッパと共に生きてきた。その間、死神トートは、常にエリザベートを黄泉の国へと誘ってきたがエリザベートの強い生への気持ちに負けて、目的を果たせなかったのだ。息子を自殺に追い込んだトートの願いは、叶うのか。。。

落ち着きのある舞台は、気持ち良い!
 2008年8月の名古屋から始まり、東京では11月初旬から始まった公演ももう千秋楽に近い12月の下旬に観た。 
エリザベートとトートなどはダブル・キャストで、エリザベートは他に涼風真世、トートは山口祐一郎も演じている。
狂言回しの役のルキーニは、高嶋政宏だ。

 このエリザベートの日本での初演は、2000年からで、私も2001年4月に一路真輝のエリザベート、山口祐一郎のトートそして、ルキーニは高嶋政宏で観たのを思い出した。
でもその時の印象は、山口祐一郎の奇妙な雰囲気は覚えているが、ストーリーが面白くなかったと記憶している。

 確かに、テーマの生きた人間に恋をする死神とは、暗くて寂しく、また、ヨーロッパにおけるハプスプルゲ家の占める意味など歴史的な背景が分からないと面白くない話であるが、照明に冴える、綺麗な朝海ひかると、独特の雰囲気を出すことに成功した武田真治が不思議なラブ・ストーリーに上手く纏め上げた。

 本当のことをいうと、武田真治がここまで、やれるとは、思っていなかった。
声の出し方、デュエットでのメリハリも充分に観客を魅了させる。
自信のある肉体美も武器にしていて、心地いい。肉体美は、トート・ダンサーズもかなりのものだったが。
山口祐一郎ばかりが話題になるミュージカル界であるが、今後は武田真治の名も挙げられてくるだろう。

 初演からやっている高嶋政宏にとっても、舞台の面白さを発揮できる場としてこのエリザベートは楽しみながらやっているのがうかがえる。

 エリザベート役の朝海ひかるは、元宝塚の男役でところどころに男性的な発声も残るが、このような女役も充分にこなせる。
舞台には慣れているので、役に溶け込むのも早かったのではと思わせる出来だ。

 舞台装置も、 ロープでの吊り上げ、階段や印象的な棺おけなど素直に話に溶け込めるのもいい。

 補助椅子が出ているほどの超満席の観客も私も満足した仕上がりだ。

   252 生存者あり

あらすじ: 太平洋上で地震が発生し、高波が東京を襲い、地下鉄新橋駅の構内に、東京消防庁のハイパーレスキュー隊員だった篠原祐司(伊藤英明)が耳の不自由な自分の娘や、大阪の町工場から来た社長(木村祐一)、医者を辞めようかと思っている研修生(山田孝之)、韓国から出稼ぎにきたホステス(MINJI)らと閉じ込められた。地上では、祐司の兄でハイパーレスキュー隊の隊長:篠原静馬(内野聖陽)らが必死に救助活動を行っていたが、そこに巨大台風も上陸する。天井が崩落する危険のなか、台風の眼に入る18分の間に、ヘリコプターでの救出作戦が始まるが。。。

緊迫感のない、絵空事の災害になっている!
 細かなことは、気にしない人だけにお勧め!

 タイトルの252とは、レスキュー隊で使用される、生存者ありの信号で、2回、5回、2回と壁などを叩くとのこと。
話の展開が、ラフというか、一部分だけがどうして取り上げられるのか分からない作品になっている。

 巨大な高波が関東地方を襲うなら、特に東京の新橋地区だけでの話では無いだろう。
首都圏のいたるところで、同様の被害があるのに、新橋という点だけになっている。そこに的が絞られた必然性が語られていない。
どうして、広域な影響がある、高波や台風をテーマにしたのか。
お涙頂戴を最初から目論んだ耳の不自由な娘、落ちこぼれの医者の卵などを含めて、脚本の段階で、発想が定番である。
これなら、ビルの倒壊などの設定にして、地域限定のやり方にすべきだ。
どこかの情報で、新橋には幻の駅があるってので、ミステリアスも兼ねて、強引に新橋にしたようだが、地下鉄新橋の今は使われていない古い駅は、多くの人が知っていて説明されるまでもない。

 演出が下手だ。
強風など災害の画面の前面では、かなりの雨や風があるが、演じている俳優のところには、それがない!
全然、被害の緊迫感が俳優の近辺では出ていない。

 人物関係の説明もまずい。
弟が兄だけを救った状況が、騒がしさの中で、また防災服をきているため、誰だか分からず、後に続いていかない。
気象庁の職員の香椎由宇の手持無沙汰の演技は何だ!
それにしても特にラストの祐司がハリウッド映画のスーパーヒーローように、同僚を担いで、穴から出てくるシーンは、ありえないだろう。思わず苦笑いをする。
話の流れとして、ここは、生還してはいけない。生を求めたが、やむなく犠牲になったとすれば、また感動も残る。
無理にハピーエンドとしたために酷い話になってしまった。

 子役だけが必死の映画だった。

伊藤英明のシリーズ;「海猿」

   ウォーリー WALL・E (アニメ)

あらすじ: 今からかなり将来の地球。ごみで一杯となった地球を見捨てて、人類は、はるかかなたの巨大な宇宙船で快適に暮らしていた。地上に残されたのは、700年間寂しくごみを処理してきたロボットの「ウォーリー」1台だけだった。人間が残したごみの中から映画のビデオやイルミネーションなどを「お宝」として集めては、何時か誰かと巡りあえる日が来ることを楽しみに待っていた。ある日、ウォーリーの頭上に宇宙船が飛来し、一台の探査型ロボットを残してまた飛び去った。その最新鋭で美しいピカピカのロボットの名は「イヴ」。ウォーリーが集めたお宝を見せてもイヴにはゴミとしか写らなかったが、植物を見せるとイヴが固まってしまった。数日後また、宇宙船がやってきて、イヴを回収していく。イヴを救おうとしてロケットに忍び込んだウオーリーがやってきたのは、人類が暮らしている宇宙船だった。イヴに秘められた謎が徐々に分かるが、ウォーリーを捕獲するロボット達も動き出す。。。

女:きれいな画像は、確かにピクサーの作品ね!
男:うん、ピクサーで「ファインディング・リモ」を作ったアンドリュー・スタントンの監督だよ。
女:本当にイヴがピカピカに光輝いているのが、立体感と共にきれいに出ていたわね。
男:動力や眼など、旧式で、汚れたウォーリーとの差の出し方なんかは上手いね。
女:人間や動物だと、どうやって700年間も生き延びてきたとか、食料や空気なんかの条件の設定が難しくなるけど、そこは、成長もしなくて、変化のないロボットにしたのはアイデアね。
男:人間みたいに顔のしわなんかの表情はないけど、イヴの眼の動き方だけで、笑いや喜びもよく分かる。
女:それは、アンドリュー・スタントン監督が人間観察を細かくしているからなのね。
男:うん。日本のアニメの宮崎監督が表情だけでなく、衣装のひだの1つまで動きに合わせて細かく描くのと同じ気の配り方だね。
  でも、ウォーリーは雄型で、イヴは雌型ってのは、感情のないロボットとしてありかな。
女:それを言ったらおしまいじゃないの。
 感情のないロボットに感情が生まれてイヴを助けることが、前提なんだから。
 物語を面白く展開するには、どこかでラブ・ストーリーも必要でしょ。
 その布石よ。

男:それじゃ、ウォーリーが手をつなぎたがるのは、どこかになかった?
女:分かっているでしょ。「E・T」よ。
  知ってるくせに、聞かないで。

男:前から言っているんだけど、どうして、未来では、コンピューター・システムが悪者になるのかな。
  コンピューターのプログラムを作っていた私には、コンピューターは単なる道具にしか過ぎず、使う人間の方の問題だけどね。
女:まだ、まだ貴方は見方が甘いわね。
  誰かが、悪者にならなければ、物語を引っ張っていけないでしょ。
  でも、将来でも悪人が人間だと人種や男女の問題が出るでしょ。
  そこで、他の映画でも未来で悪者にしているコンピューターって、お手軽なところで、済ませるのよ。

男:そうか、そんなどこにでもあるやり方を取ったから、映画の後半から段々と、大人にとっての面白さが無くなって行ったんだ。
女:そうね、画像がきれいなだけでは、だめね。話も変化がないとね。
  貴方も、美女ばかり見ていると飽きるでしょ。

男:いや、それについては、私は、特に...
女:どうして、私の顔を正面から見ないで言うのっ!
男:べ、別に...

ピクサーの面白かったアニメ:「MR.インクレディブル」


前へ次へ

トップへ


*総合ページへ*映画・演劇評論へ*日記へ*楽しいゴルフへ*投稿者のページへ*写真集へ*目指せ!マンション管理士・管理業務主任者へ*ヨーロッパ旅行記へ*ヨーロッパ 写真集へ*金町団地の建替闘争の記録へ