2004年 8月号 映画・演劇 評論

阿修羅のごとく(芸術座)

あらすじ:竹沢家の4姉妹は、久し振りに次女・巻子(中田喜子)の家に集まった。三女・滝子(秋本奈緒美)が父の様子が変なので、興信所に調べさせたらなんと父には愛人と子供までいることが分かった。しかし、50年間父と子供達だけに尽くしてきた、母(中村メイコ)には当分隠しておくことにする。父親のことだけでなく4姉妹は、料亭の主人と不倫の長女(山本陽子)、会社に愛人がいる夫を持つ次女。婚期が遅れている三女。駆け出しのボクサーと同棲している四女(藤谷美紀)と各々が問題を抱えイライラしていた。母親だけは、心穏やかに暮らしているかと思っていたら、母親も父の愛人には前から気がついていた。父親の愛人のアパートの前で倒れて、帰らぬ人となった母。娘たちにも、阿修羅はいるのか?

女は阿修羅だ。でも男次第で菩薩になる!
 原作は向田邦子で、映画にもなっていて、映画も観ました。
阿修羅とは、古代インドの神様で、外見は穏やかだけど、気は強く、悪口が好きで、怒りや争いのシンボルだそうです。
他の人たちと上手くやって行くためには、自分の中の阿修羅は抑えなければ、社会生活だけでなく家族関係も崩壊してしまう。
 男たちは「会社」という上下関係の中で「本音」をコントロールする方法(諦めかも知れませんけど)を身につけていくが、女性たちは案外ストレートに自分たちのありのままの感情をおもてに表しています。
 でも、それも結局は男が原因で、イライラの元を与える男が悪者です。
映画よりも、鬼(阿修羅)が良く出ていていい。
特に、婚期が遅れて(この言い方も今では古いけど)好き勝手に生きている末の妹(藤谷美紀)と争う三女の秋本がうまく舞台回しをしている。
チャンピオンの妻となり得意になっていた四女が脅かされているのを助ける三女の場面が印象的だ。
 反目しながら、最後には、やはり血を分けた姉妹である愛情をまとまりよく作り出している。
公衆電話、ピンク電話また自宅の黒電話と電話器の使い方も活きている。
舞台セットも中心が、次女の部屋、四女の部屋、病室など簡潔に切り替えがスムーズで観ていても間延びしない。
 男たちはあまり活躍してないけど父親役の内山恵司が、阿修羅に囲まれながらも、淡々と演じていて感じがいい。

ご参考までに映画の;阿修羅のごとく

キング・アーサー

あらすじ:ヨーロッパ全土がローマ帝国によって支配されていた頃、イギリスの一部であるブリテンもローマ帝国の占領下にあった。イギリスでのローマ軍を率いるのはアーサー(クライヴ・オーウェン)と円卓の騎士達であったが彼らは、生まれ故郷のイタリアに戻れる日を待ちわびてイギリス人と戦っていた。そんなある日、彼らはブリテンの王女グウィネヴィア(キーラ・ナイトレイ)を助ける。ブリテンも北の民族の攻撃を受けて存亡の危機に陥っていた。グウィネヴィアの願いを聞いてブリテンのために戦うアーサーと円卓の騎士達。そしてアーサーは王になる。

女:複雑なヨーロッパの領土関係が、ちょっと分からないわね!
男:うん、そうだね。元々アーサーたちはイタリアの方に住んでいながら、まるで人質のように、イギリスで戦うことになる最初の部分が、分かり難いね。
女:で出しがはっきりしないから、後の方もすっきりしないのよね。
   アーサー王の伝説がもとになっているようだけど。
男:俺も、だれも抜けなかった剣「エクスカリバー」をアーサーが抜いて王になったことは聞いているけど、他はあまり知らないね。
女:でも、それはチラッットだけしかでてこなかったでしょ。
   イタリア出身でありながら、イギリスの王になるという設定に少しばかり無理があったのかしら。
男:キリスト教の問題もどこかで提起したかったのかなぁ。それに、みんな平等だとかもいいたかったようだし。
女:古い伝説を利用するなら、あまり宗教や政治など大きな主張には触れないで、単純に戦闘と恋愛を描いてくれた方が観どころがあってよかったかも。
男:でも、戦闘の弓矢のシーンは中国の映画「HERO(英雄)」で見せたのと似てたよ。
女:貴方も他の映画を観すぎよ!なんでもすぐ比較するんだから!
  それから「トロイ」とも似てたといいたいのでしょ!
男:君だって同じじゃないの?
女:じゃ、言ってしまうけど、貴方の最大の不満はキーラ・ナイトレイが充分に活躍してないことでしょ!
男:いやっ、寒さの中で何故か薄い着物をきて、肌をかなり露出していたのは、楽しんだけど。。。
女:もうーっ、これだから!

ご参考までにキーラ・ナイトレイが活躍の;パイレーツ・オブ・カリビアン

ご参考までに弓矢がすごい;Hero(英雄)

ご参考までに戦闘シーンが似ている;トロイ



戻る 次へ

*総合ページへ*映画・演劇評論へ*楽しいゴルフへ*投稿者のページへ*写真集へ*目指せ!マンション管理士・管理業務主任者へ*ヨーロッパ旅行記へ*ヨーロッパ 写真集へ*ヴェトナム、アンコール・ワット旅行記へ*金町団地の建替闘争の記録へ ★「マンション管理士 香川事務所」へ