ハワイアンキルトに魅せられて

ハワイアンキルトの作り方

ハワイアンキルトのタペストリー

サイズを決める

出来上がりのサイズは、50cm×50cmです。

材料をそろえる

モチーフの布、土台の布、裏布、バイアステープの布、そしてキルト芯をそろえましょう。

型紙をつくる

型紙をつくりましょう。パターンを別の用紙に写しとるか、またはコピーをします。サイズがあわない時には作りたいサイズにあわせてパターンを縮小拡大します。ちなみに私はフリーザーペーパーを使っています。

型紙をつくる

布を折る

モチーフの布と土台の布を用意します。それぞれ、1回、2回、3回と折っていきます。そして、アイロンをかけてペシャンコにして、折り目をつけます。

布を折る

しるしをつける

モチーフの布の上に、型紙をおきます。「わ」の部分をまちがえないようにしましょう。そして、型紙とおりにしるしをつけます。

しるしをつける

しつけをかける

カットする時に布がズレないように、モチーフの内側を形に沿ってしつけ糸でしつけをかけます。しつけのかわりに、まち針をうってもかまいません。

しるしをつける

カットする

いよいよカットです。よく切れる大きなはさみで一気にカットします。

土台布を広げる

まず、土台布を広げます。次に、たたんだままの状態のカットしたモチーフを、土台布の中心にあわせます。次に、アイロンでつけた上下斜めの折り目をあわせます。

土台布を広げる

モチーフを広げる

順に広げていきます。モチーフを広げてから折り目にあわせようとすると、形がくずれてしまいます。

モチーフを広げる

しつけをかける

まず、モチーフがずれないようにまち針をうちます。そして次に、モチーフの内側0.7cm〜1cmのところにしつけ糸でしつけをかけます。ちょっと細かめにモチーフの形にそってしつけをかけます。ハワイアンキルトでは、しつけがとても重要な役割をはたします。ちょっと面倒な作業ですが、手を抜かずに丁寧にしつけをかけましょう。

しつけをかける

アップリケをする

モチーフのまわりをおくたてまつりでアップリケしていきます。針先で縫い代を折り込みながら、糸が見えないように2mm間隔で細かくまつっていきます。なるべく切れ込みを入れずになめらかにまつっていくのが理想ですが、きついカーブの部分は切れ込みをいれてまつります。

アップリケをする

葉っぱの先などのとがった部分は、頂点のちょっと手前で一針いれます。縫い代を中にいれて、さらに一針いれます。完全に縫い代を中に入れてしまいます。糸を引くと、角がきっちりとでてきます。

アップリケをする

深くV字形に切れ込んだ部分は、ぎりぎりまで、切れ込みをいれます。ほとんど縫い代がないので、細かくまつります。

アップリケをする

トップの完成

お疲れさまでした。これでトップの完成です。

モチーフにキルティングラインをかく

モチーフの部分にカリスマペンシルでキルティングラインを書いていきましょう。決まりはありません。自由に遊びましょう。

キルティングラインをかく

土台布にキルティングラインをかく

モチーフのまわりの部分にキルティングラインを書いていきましょう。エコーキルトの間隔ですが、特に決まりはありません。モチーフの複雑さや土台布の面積、出来上がりの大きさなどによって変えてみるとおもしろいです。今回は、1cmの間隔を保ちながら波紋が広がるように書いていきます。あまり力を入れずにうっすらと見えるくらいの濃さで書きます。

キルティングラインをかく

ちなみに私は、エコーキルトのキルティングラインは下書きをしません。左右上下対称にならなくても、間隔が広がったり狭くなったりしても気にしません。そこが、ハンドメイドの良さだと思うからです。

しつけをかける

裏布、キルティング綿、トップの順に重ねます。くれぐれも裏布の表裏をまちがえないようにしましょう。そして四隅にまち針をうちます。

しつけ糸でしつけをかけます。中心から外側へ放射状にかけていきます。しわがよらないように気をつけます。最後にまわりもかけておきます。しつけをかける時は、生地をもちあげないようにしましょう。もちあげてしまうと、ずれたりしわがよったりしてしまいます。

しつけをかける

フープをつかう

今回のサイズはこのままだとフープにはることができません。そこで当て布をまわりに縫いつけることをオススメします。手に持ったままキルティングしてもいいのですが、やはりフープを使った方が奇麗にキルティングすることができます。

フープにはる時にはピーンとはらずに、こぶしひとつ分のたるみをつくりましょう。キルティングは針を持たずに針の頭を押しながら縫い進めていきます。ピーンとはったままだと針を進めることができません。

キルティングをはじめる

糸は1本どりで玉結びをつくります。糸の長さは指からひじまでの長さが適当とされています。縫い始めから少しはなれたところに針を入れて、縫い始めのひと針先のところに針を出します。糸をひっぱって玉結びを布の中にひきこみます。縫い始めに針を入れて、ひとつ返し縫いをします。

いよいよキルティングの開始です。右ききの場合、右手をキルトの上に左手をキルトの下におきます。針を真下にさし、左手のシンブルにあたったら真上に押しだすようなイメージでキルティングしていきます。2〜3針さしたら針をだして糸をひきます。

美しい針目は1インチ=約2.5cmの間に7〜10針とされています。気にしすぎると前に進まなくなります。細かくさそうと思うあまり、裏布まですくえずに進んでしまうことがあります。はじめはあまり気にせずに、少々大きくても針目をそろえることに神経を集中させましょう。縫いおわりは、ひとつ返し縫いをして玉結びをつくり布の中にひきこんでから糸を切ります。

モチーフの部分をキルティングする

モチーフの部分をキルティングします。この部分は、裏布、バッティング、土台布、アップリケ布と4枚重なっているので、キルティングしにくいです。多少、針目が大きくなっても、あせらずに丁寧にキルティングしていきましょう。

落としキルトをする

モチーフのまわりに落としキルトをします。落としキルトとは、モチーフの際をキルティングしていくことをいいます。落としキルトをするとモチーフがぷっくりと浮き上がって立体感がでてきます。

落としキルトをする

エコーキルトをする

土台布の部分をキルティングします。波紋が広がるように幾重にもキルティングしていきます。

キルトづくりのプロセスで、キルティングが好きだという人は少ないかもしれません。それほど針目を細かくそろえるということはむずかしいことなのです。裏をかえせばそれだけに細かくそろったキルティングの針目は美しいということなのです。とにかくなれることです。フープになれること。シンブルになれることです。ひと針ひと針ゆっくりとていねいにすすめていきましょう。きっと必ず「コツ」をつかむ時がきます。コツをつかめばこっちのものです。きっとキルティングするのが楽しくなります。

キルティングが終わったらしつけ糸をとりましょう。ただし、バインディングする時のためにまわりのしつけだけは残しておきましょう。私は、このしつけ糸をとる瞬間が好きです。しつけ糸をとると、キルティングによってできる凹凸がくっきりうかんできます。この瞬間がたまりません。

バイアステープをつくる

二等辺三角定規または分度器を使ってバイアステープをとる布に45度のラインを1本ひきましょう。そして4cm〜5cmの感覚で平行線を数本書いてカットします。中表にしてつなげていき、1本の長いテープをつくります。10cmほど長めに作っておくと安心です。

つないだ部分の縫いしろをわりながらアイロンをかけます。そして三つ折りにしてアイロンをかけます。ちなみに私はテープメーカーを使ってバイアステープをつくります。

バイアステープをつくる

バインディングする

本体の余分なキルト綿と裏布をカットしましょう。そして本体の表側にバイアステープを中表にしてつけていきます。コーナーの部分は細心の注意をはらいましょう。コーナーをきちんとだせるかどうかで、出来上がりの見栄えがちがってきます。もしうまくいかなければ何度でもやりなおすつもりで、ていねいにつけていきましょう。最後は折り込んでしまいます。そして裏に返してぐるっと縫いしろをくるんでしつけをかけます。

バインディングする

細かく「奥たてまつり」でまつっていきます。もうすぐ完成です。一気にしあげてしまいましょう。

バインディングする

できあがり

残っているしつけを全部とりましょう。出来上がりです。壁にかざってもよし、テープルにおいてもよしです。ちょっとしたプレゼントとしてもよろこばれます。

自分の手でつくったキルトが出来上がった時のよろこびはひとしおです。今回は、小さなサイズの作品でしたが、徐々に大きなサイズにも挑戦してみてくださいネ。

アップリケから出来上がるまでの過程を日記形式でまとめました。こちらもぜひ、参考にしてみてくださいませ。

年会費無料のクレジットカードなら「楽天カード」
> ページの上に戻る
ハワイアンキルトに魅せられて